« 木の梢シリーズ・第2弾 | トップページ | レンゲツツジが咲く高原・ビンズイ編 »

2009年7月 1日 (水)

夏のジョウビタキ!?

梢で囀るコマドリを撮影している時、近くの電線に留まり爽やかな美声で囀る鳥を発見しました。
「オオルリかなぁ?」と双眼鏡で確認してみると・・そこにはこのジョウビタキが留まっていました!!
夏のこの時期にジョウビタキ・・?最初は我が目を疑いましたが、確かに電線で囀っているのです!
その後木の梢に移動して暫く囀っていました。ジョウビタキと言えば冬鳥の代表的な存在なのですが、
何故この時期に見られるのでしょう~?2,000m近い高地の原生林を繁殖地として選んだのでしょうか?
どうやら雄が2羽以上居る様で、梢で囀る雄を別の雄が追い払うシーンも見られました!雌は確認出来
ませんでしたが、必死に囀る姿を見ると、近くに雌が居たのかも知れません?日本では北海道の大雪山
で繁殖記録があるようですが、はたして本州の高山で繁殖するのでしょうか??

囀りはオオルリと比べると少し細い声で爽やかな歌声で囀っていました♪
不鮮明ですが録音も出来たので貴重な資料にもなりました!

1d3_9986_63_jyoubitaki
#1 ジョウビタキ

1d3_9986_68_jyoubitaki
#2 ジョウビタキ

1d3_9986_12_jyoubitaki
#3 ジョウビタキ   

|

« 木の梢シリーズ・第2弾 | トップページ | レンゲツツジが咲く高原・ビンズイ編 »

2.野鳥・夏」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木の梢シリーズ・第2弾 | トップページ | レンゲツツジが咲く高原・ビンズイ編 »