« イソヒヨドリ'10 ① | トップページ | 春の休耕田 »

2010年3月29日 (月)

イソヒヨドリ'10 ②

このイソヒヨドリを撮影する磯は、侵食された岩肌に堆積層の縞模様が延々と続く磯になっています。
荒々しい岩肌に留まるイソヒヨ!”磯のヒヨドリ”(本当はツグミの仲間ですが)を撮るにはうってつけの磯なのです。

青い海に溶け込む様な羽色の雄とは対照的に、地味な羽色の雌は岩肌の模様に見事に溶け込んでいます!

EOS-1DMarkⅢ+EF500mmF4L+EF1.4×Ⅱ

1d3_7158_isohiyodori
#1

1d3_6412_isohiyodori
#2

1d3_6830_isohiyodori
#3

1d3_6501_isohiyodori
#4

1d3_6673_isohiyodori
#5

1d3_6548_isohiyodori
#6

1d3_6921_isohiyodori
#7

1d3_6647_isohiyodori
#8 威嚇のポーズ!

1d3_6435_isohiyodori
#9         

|

« イソヒヨドリ'10 ① | トップページ | 春の休耕田 »

1.野鳥・春」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

たけぞうさん、こんにちは。
いずれの写真もとてもいい感じですね。
一つ前の青い海バックも素敵ですね。

投稿: 探険隊隊長 | 2010年3月31日 (水) 11:24

隊長さん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

5年程前からこの磯へイソヒヨの撮影に出掛けています。
ここは海岸線が南に開いているので、海を背景にするとどうしても逆光になりやすく
けして条件の良い場所では無いのですが・・人が殆ど来ない静かな磯なので、一人で
のんびり撮れる所が気に入って毎年出掛けています!

さて、そろそろノビタキの春の渡りの季節が近付いて来ましたね!
今年も隊長さんのノビタキシリーズを今から楽しみにしています!!
私の春ノビ撮りは先ず良いフィールドの開拓から始めないと~

投稿: たけぞう | 2010年3月31日 (水) 21:19

たけぞうさんこんばんわ

ご心配をお掛けしました
体調をくずし入院、手術と病院生活をしていました
娘が沖縄にいますので寒い間こちらで養生していました。

まだ完全復帰ではありませんがこちらには近くで野鳥が見られますので
居心地よく長居しています。

まだしばらくは大阪と沖縄と行ったり来たりの生活でゆっくりしようと思っています
HPもあまり更新できませんがマイペースでやっていくつもりです
たけぞうさんの写真は何時も楽しみに見ていますv(*'-^*)♪

投稿: | 2010年4月21日 (水) 00:14

花さん、お久し振りでした。

まだご体調が万全では無い折、コメントを頂きまして有難う御座います。
HPをお休みされていましたので、どうされているのかと心配していましたが・・
体調を崩されていたとお聞きし驚いております。今こうしてコメントを頂き、
回復に向かわれているとの旨をお聞きし、ホッと安堵しています。
「病は気から」と申します通り、今は人生の夏休みと捉えて、南国の穏やかな気候の下
焦らず慌てずゆっくりのんびり、静養に励んで下さいね!

5月からぼちぼち夏鳥を求めて撮り歩こうと思っています。今年の春は寒暖の差が著しく
野鳥の動きや花の開花等の予想が難しくなりそうで、何時何処へ行こうかと迷う所です^^;

投稿: たけぞう | 2010年4月21日 (水) 18:29

たけぞうさんこんにちわ
優しいお言葉ありがとうございます。
先日娘とドライブがてら沖縄北部のヤンバルの森に行ってきました
綺麗な透き通った川の流れアカショウビンの鳴き声が聴こえてとても素敵な所でした
可愛いアカヒゲ♂がすぐ近くで撮れました
たけぞうさんの様な構図の素晴らしい写真でなくただただ大きいだけの画像ですが
RV車さんの所に貼りましたので又見てくださいね

投稿: | 2010年4月28日 (水) 11:40

花さん、こんばんは~

わぁ!撮影再開されたのですね(*゜▽゜)ノ
早速RV車さんのBBS拝見して来ました!これほど鮮明に撮影
されたアカヒゲ初めて拝見しましたw(゜o゜)wなんとも可愛い表情
が素晴らしいです(*^.^*)南国らしい濃い緑の背景も美しいです!
花さんの復帰を祝してアカヒゲ君も近くに出て来てくれましたね♪

沖縄の美しい自然の中で、野鳥達の囀りを聞きながら撮影を楽しま
れたご様子!可愛いアカヒゲを見せて頂きありがとうございましたo(_ _)o

投稿: たけぞう | 2010年4月28日 (水) 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イソヒヨドリ'10 ① | トップページ | 春の休耕田 »