« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月

2013年5月28日 (火)

初夏のルリビタキ

南八ヶ岳の東山麓で撮影を終え、今度は西の山麓にある標高2,000mを超える山腹の撮影地
へと移動しました。暦の上では既に初夏となりますが、2,000mを超える山腹はまだまだ冬の
気配が残っています。原生林の中へと続く登山道へ入った途端、多くの残雪が残る雪道へと
変わってしまいました。重い機材を担いだまま転んでしまっては一大事。今回は残雪も消えた
日当たりの良い開けた場所に三脚をセットして野鳥達を待ちました。ウソやカヤクグリの囀りが
あちこちから聞こえて来るのですが、その姿はなかなか見せてくれません・・そんな中、立枯れ
の木に留まってサービスしてくれたのは、このルリビタキでした。冬の越冬地で見る気弱そうな
印象とは違い、堂々と自己主張するルリビタキ。初夏の繁殖地だけで見られる本来のルリビタ
キの姿です!

Nikon D7000 + 500mm f/4G

D70_5803_ruribitaki
#1

D70_5810_ruribitaki
#2

Dsc_0205_ruribitaki
#3 こちらはNIKON1 V2 で撮影。

| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

残雪の八ヶ岳

夏鳥達の囀りで溢れる5月の八ヶ岳山麓へ、今回新たに導入したミラーレス一眼機の試写を
兼ねて八ヶ岳の麓をグルリと一周して来ました。
高原野菜の畑と牧草地がパッチワークのように広がる南八ヶ岳の東山麓では、ヒバリやホオ
アカなどと競う様に、ノビタキが子育てに向けて活発に飛び回っていました!

日に日に背丈を伸ばす牧草地の緑の絨毯。残雪の八ヶ岳とのコントラストが眼に眩しい!
南八ヶ岳の東山麓にはこの様な雄大な風景が広がっているのですが、電線や柵等の人工物
が写らない場所は意外に少ないのです。今回新たに導入したNikon1 V2で、私のお気に入り
の風景を撮ってみました。キットレンズの標準ズーム(10-30mm)で撮影。
Dsc_0150_yatsugatake

残雪の八ヶ岳を背景にノビタキを撮ってみたのですが、この日は風が強くてノビタキは背の低
い枯れ草ばかりに留まってしまい、なかなか望む場所には留まってくれません。苦戦しながら
撮った一枚。こちらは望遠ズーム(30-110mm)で撮影です。大口径のレンズの様には背景は
綺麗にボケませんが・・圧倒的に軽量コンパクトなので、今後色々なシーンで活躍してくれそう
です!
Dsc_0163_nobitaki

こちらは赤岳を背景に。
Dsc_0180_nobitaki

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »