« 残雪の八ヶ岳 | トップページ | コバイケイソウが咲く丘 ① »

2013年5月28日 (火)

初夏のルリビタキ

南八ヶ岳の東山麓で撮影を終え、今度は西の山麓にある標高2,000mを超える山腹の撮影地
へと移動しました。暦の上では既に初夏となりますが、2,000mを超える山腹はまだまだ冬の
気配が残っています。原生林の中へと続く登山道へ入った途端、多くの残雪が残る雪道へと
変わってしまいました。重い機材を担いだまま転んでしまっては一大事。今回は残雪も消えた
日当たりの良い開けた場所に三脚をセットして野鳥達を待ちました。ウソやカヤクグリの囀りが
あちこちから聞こえて来るのですが、その姿はなかなか見せてくれません・・そんな中、立枯れ
の木に留まってサービスしてくれたのは、このルリビタキでした。冬の越冬地で見る気弱そうな
印象とは違い、堂々と自己主張するルリビタキ。初夏の繁殖地だけで見られる本来のルリビタ
キの姿です!

Nikon D7000 + 500mm f/4G

D70_5803_ruribitaki
#1

D70_5810_ruribitaki
#2

Dsc_0205_ruribitaki
#3 こちらはNIKON1 V2 で撮影。

|

« 残雪の八ヶ岳 | トップページ | コバイケイソウが咲く丘 ① »

1.野鳥・春」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残雪の八ヶ岳 | トップページ | コバイケイソウが咲く丘 ① »