« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月25日 (月)

白峰三山

南アルプスの主峰、白峰三山。北から[北岳 3,193m] [間ノ岳 3,189m] [農鳥岳 3,026m] の三
山の総称で、北岳は富士山に次いで日本で2番目に高い山です。以前このブログにも書きま
したが、南アルプスの山は今でも隆起を続けていて、北岳は遠い将来富士山を抜いて日本一
の高さに昇格する予定(願望)の山なのです!? 実際、2004年に従来の標高3,192mから1メート
ル高い3,193mに訂正された経緯もあります。理由は山頂とされる三角点がある位置より更に
高い岩があり、そちらの岩が新たな山頂とされ1m高くなった訳で、急に隆起した訳では無い
のですけどね。この北岳、富士山と比べ一般人の知名度が極めて低いのですが、登山者達
には知らない人がいない程人気が高い山なのです。山頂付近にはキタダケソウを代表とした
高山植物が豊かで、山の懐が深く簡単には山頂に立てないのも人気の一つです。私も何時
かは登ってみたい山の一山なのです。
話が大きく逸れてしまいましたが、今回の撮影地の河川敷から真っ白な雪を頂いた白峰三山
が綺麗に望めます。昨日UPした紅葉背景のジョウビタキの写真から角度を変え、白峰三山を
背景にして撮ってみました。鳥が留まっている木は昨日の写真と同じニセアカシアの梢なので
すが、背景を変えると写真の雰囲気がここまでガラリと変わります!山の稜線の全体像を撮
りたかったのですが、小さなレンズを忘れて撮れませんでした。

Nikon D7000 + 500mm f/4G

D70_6921_jyoubitaki
#1 北岳

D70_6902_jyoubitaki
#2 間ノ岳

D70_6972_jyoubitaki
#3 農鳥岳

| | コメント (2)

2013年11月24日 (日)

秋色のジョウビタキ

木枯らしが吹く毎に深まって行く秋。今年の秋は夏の猛暑と少雨の影響で、紅葉の色付きと
松茸の出来が悪いのでは?と予想されておりましたが、蓋を開けてみれば予想に反して、ど
ちらも例年以上の良い出来の秋となりました!
この季節、過去何度か訪れている河川敷に秋の色を求めて出掛けて来ました。この河川敷
沿いの木々も今年は見事なまでの紅葉となり、特に桜の葉がカエデに負けない程の赤色に
色付いています。川原に自生しているニセアカシアの木にジョウビタキが良く留まってくれま
す!ニセアカシア自体は黄色に色付くだけで特に綺麗に紅葉する木では無いので、河の対
岸にある桜並木を背景のメインにして撮ってみました。

Nikon D7000 + 500mm f/4G

D70_6738_jyoubitaki
#1

D70_6764_jyoubitaki
#2

D70_6754_jyoubitaki
#3

D70_6787_jyoubitaki
#4

D70_6862_jyoubitaki
#5

D70_7093_jyoubitaki
#6

D70_7133_jyoubitaki
#7

D70_7113_jyoubitaki
#8

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

色付き始め

久し振りの更新です。
2ヶ月以上当ブログを放置してしまいました~m(_ _)m 諸事情で撮影に出掛ける環境を得られ
ずに、秋の渡りのシーズンを棒に振ってしまいました。
今年の秋は”一雨ごと”ならぬ”一台風ごと”に秋が深まって行きますね。10月下旬に仕事絡
みで信州に行く用事があり、帰りにオシドリが飛来する湖に寄って来ました。紅葉の見頃には
まだ2週間程早く、湖畔の木々はようやく色付き始めたばかり。一方オシドリは既に100羽以上
の群れとなっていて、群れを良く観察するとまだ冬羽へ換羽する前のエクリプスの状態の雄
も結構見られます。湖は前日の台風の影響で大量の木片等のゴミが水面に浮遊していて、オ
シドリ達はこのゴミを避ける様に湖畔の一番奥から出て来てくれません・・・紅葉とオシドリを
撮るにはちと厳しい条件でしたが、それでも久し振りの野鳥撮影を楽しんで参りました!

Nikon1 V2 + 500mm f/4G

Dsc_1297_oshidori


 

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »