« イソヒヨドリ'14 ① | トップページ | イソシギ »

2014年4月19日 (土)

イソヒヨドリ'14 ②

断崖奇岩の荒々しい光景が広がる岩礁地帯にある岬。この貴重な自然環境が残る大切な磯
が汚染される危機にありました。丁度一ヶ月前、磯の前に広がる海域で貨物船同士が衝突し、
燃料の重油が海に流出する事故が発生しました。周囲の海岸線に流れ出た重油が漂着して
漁業に大きな被害をもたらした事故でしたが、このイソヒヨの磯にも少なからず汚染の被害が
見られました。波打ち際の岩場には黒い染みの様な跡が点々とあり、触るとタール状の粘々
とした重油だと解ります。大規模な汚染からは逃れましたが、動植物に何らかの悪影響があ
るのではないかと懸念されます。実際にイソヒヨドリの雄が水浴びしているシーンを何度も見
掛けました。写真を拡大して確かめた所、重油が付着している痕跡は見当たらなかったので
すが・・執拗なまでの水浴びはやはり何らかの悪影響があったのではと考えてしまいます。
気の遠くなる様な長い年月を掛けて形成された自然環境を、人は一瞬にして破壊してしまう
負の力をも兼ね備えている事を忘れてはいけないのだと考えさせられました。
さて、昨日の雌に続き今回は雄の雄姿を!雌が岩模様に擬態した様な羽色とは対照的に、
雄の羽色はまるで青い海に溶け込むかの様です!この日は一日薄曇りのお天気だったので
真っ青な海の色は出せませんでしたが、淡い青色の海の背景もまた良しと言う事で。

Nikon D7000 & Nikon1 V2 + 500mm f/4G

D70_7723_isohiyodori
#1

Dsc_1821_isohiyodori
#2

D70_7691_isohiyodori
#3

Dsc_1879_isohiyodori
#4

D70_7854_isohiyodori
#5

D70_8009_isohiyodori
#6 水浴びの後

D70_7968_isohiyodori
#7

D70_7768_isohiyodori
#8

D70_7806_isohiyodori
#9

D70_7748_isohiyodori
#10

D70_8047_isohiyodori
#11

|

« イソヒヨドリ'14 ① | トップページ | イソシギ »

1.野鳥・春」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イソヒヨドリ'14 ① | トップページ | イソシギ »