« 秋の装い | トップページ | 晩秋の野鳥 »

2014年9月30日 (火)

御嶽山の雷鳥

紅葉の見頃を迎えた秋の御嶽山が突然噴煙を上げました。
27日の噴火で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り致しますと共に、今尚安否不明の方
々の一日も速いご帰宅を切に願っております。
御嶽山が噴火した前日の26日に、私は同じ稜線上の飛騨頂上に立っていました。噴火が始
まる24時間前の事でした。御嶽山は複数の山頂が連なる南北に長い山で、今回噴火したの
は南端の剣ヶ峰近くからで、私が登った飛騨頂上は北端の継子岳の隣の山頂になります。
私は幸いにしてこの噴火から逃れる事が出来ましたが、当日間近で噴火に遭遇された登山
者の方々の恐怖はどれ程のものだったのか計り知れません・・・紅葉の山頂で、念願だった
雷鳥やイワヒバリの撮影も叶いました。被害に遭われた方々を思うと喜ぶ心境にはなれませ
んが、この様な以前の美しい御嶽に戻る日を願い、写真を公開させて頂きました。
以下の写真は今回の山行で撮影したものです。山頂から始まった紅葉が山腹をゆっくり降り
て行きます。ダケカンバの黄色やナナカマドの赤色が眼に鮮やかです。岐阜県の登山口から
6時間かけて辿り着いた飛騨頂上。緩やかに吹く秋の冷たい風が汗をかいた身体に心地良
い。継子岳に続く稜線の道沿いで憧れだった雷鳥の親子に出会いました!突如ハイマツの
下から姿を現す雷鳥の親子。今年誕生したと思われる幼鳥は親鳥と見分けが付かない程に
成長しています。6羽程の群れはゆっくりとハイマツの間を移動し、やがて稜線の下へと消え
て行きました。
あの雷鳥の親子は今どうしているのでしょう・・遥か昔から高山の稜線付近のみで生息し生
き延びて来た雷鳥。きっと今回の噴火にも耐え生き延びてくれる事を信じています。
今も続く御嶽山の噴火活動ですが、一日も早い終息を願ってやみません。

Nikon1 V2 + 1 NIKKOR 30-110mm

Dsc_2749_raityou
#1 雷鳥

Dsc_2726_raityou
#2

Dsc_2703_raityou
#3

Dsc_2752_raityou
#4

Dsc_2671_iwahibari
#5 イワヒバリ

Dsc_2658_iwahibari
#6

Dsc_2675_mamakodake
#7 継子岳の紅葉

|

« 秋の装い | トップページ | 晩秋の野鳥 »

3.野鳥・秋」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

たけぞうさん、こんばんは。

御嶽山に行かれていたのですね
一日違いとは。。。。。。。。。。
テレビで連日見覚えのある所がうつり、心痛めておりました。
たけぞうさんに教えて頂き、あの場所を訪れた事が思い出されます。

早く元の様に美しくて威厳のある御獄に戻ってほしいですね

投稿: | 2014年9月30日 (火) 22:55

たけぞうさん ライチョウの可愛い写真をありがとうございました。

それにしてもこの度の御嶽山の噴火には残念でなりません。
たけぞうさんも1日ずれていたら。。なんて思ったら複雑な気持ちです。
とにかくご無事に帰還され良かったです。

御嶽山を含め木曽地方は紅葉の美しい場所で
私も撮影に出かけようと思っていた矢先でした。

被災された皆様には心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。
そして早く噴火活動が止み以前の美しい姿に戻ってもらいたいものです。

投稿: RV車 | 2014年9月30日 (火) 23:03

花さん、こんばんは。

テレビの報道等で被害の拡大を聞く度に心が痛みます。
これ以上犠牲者が増えない事を祈るばかりです。

登山翌日の突然の噴火には本当に驚きました。
御嶽山へは昨年の初夏にも登ったのですが、悪天候で8合目まで登った
所で引き返した経緯もあって、今回の登頂は感慨深い思いがありました。
普段の運動不足が祟り、登頂に6時間(標準3.5時間)もかかってしまい、
山頂には1時間弱の短い滞在だったのですが、本当に幸運な事に稜線上
の登山道沿いで雷鳥とイワヒバリの群れに出会う事が出来ました。

あの雷鳥達は今どうしているのでしょうか?遥か昔から何度も噴火を繰り
返して来た御嶽山で生き抜いて来たのですから、今回もきっと逞しく生き
抜いてくれる事を信じています。

投稿: たけぞう | 2014年10月 1日 (水) 19:42

RV車さん、こんばんは。

今回の御嶽山の噴火には本当に驚きましたね。
とうとう戦後最悪の火山災害となってしまいました・・
本当に、一日も早い噴火終息を願うばかりですね。

噴火前日に御嶽北部の飛騨頂上まで登り、山麓の温泉で一泊して、翌日の
噴火当日に帰路についたのですが、開田高原でお昼になったので蕎麦屋で
手打ち蕎麦を食べている時にテレビで噴火を知りました。慌てて蕎麦屋を飛
び出して御嶽山方面を見ると、既に空が不気味な灰色に染まっていました。
昼食後、国道361号線の九蔵峠の展望台で御嶽山を確認していると、真っ白
な灰がパラパラと降り始めました。停めた車にはあっと言う間に灰が積もり
始め、慌てて19号線まで走りました。

これから本格的な紅葉の季節を迎える木曽地方ですが、農作物や動植物等
にこれ以上降灰に伴う悪影響が出ない事を願っています。

投稿: たけぞう | 2014年10月 1日 (水) 19:47

たけぞうさんお早うございます。
御嶽山に、前日に登られたなんて何という偶然。

それもお蕎麦屋さんのテレビを見て、そして実際の噴火を見られたなんて、
兎に角、無事に帰られて良かったです。

それにしても、沢山の犠牲者やまだ取り残された人達、救助する人達の奮闘をテレビで見る度、
日本は、火山国だと、改めて感じました。

ライチョウさん達が心配ですが、野生の本能で、無事に生き延びてくれることを願っています。

投稿: ケチャップ姉さん | 2014年10月 6日 (月) 05:34

ケチャップ姉さん、こんばんは。
コメントを有難う御座います。

本当に・・未曾有の火山災害になってしまいましたね・・・
日を追う毎に被害が広がって行くのを知る度に心が痛みます。
今も続く噴火活動や台風等、救助活動にあたる方々の苦労も計り知れません。
今尚行方が不明の方々の一日も早い発見を願っています。

美しい紅葉の山が突然の噴火で灰色の山へと変わってしまいました。
御嶽山麓へは毎年初夏に欠かさず夏鳥撮影で訪れていたので、私には馴染み深い
特別な山でした。あの噴火の前日に山頂に居たなんて・・今考えても信じられません。
噴火当日の帰り道、開田高原の蕎麦屋で昼食中にテレビのニュース速報で噴火を
知りました。隣の席に居たグループも今朝山頂から下山してきたばかりとの事で、
一緒に蕎麦屋を飛び出し噴煙に染まった灰色の空を見上げ愕然と立ち尽くしました。

今回の噴火で動植物への悪影響も心配されますね。
噴火口から離れた北部の稜線で、雷鳥達も無事生き延びてくれる事を私も願っています。

投稿: たけぞう | 2014年10月 6日 (月) 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の装い | トップページ | 晩秋の野鳥 »