« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

春の岬 ②

午前中、理想の岩にイソヒヨが留まってくれるのをひたすら待っていたのですが・・正午を回り
光線の向きも悪くなって来たので、午後は場所を少し移動して撮影に挑みます。背の高い大
きな岩を境界にして、西と東でそれぞれイソヒヨの番いが縄張りを守っています。午前中は東
の番いを撮っていたのですが、午後は西の番いを狙います。東の番いが縄張りとしている磯
には洞窟等もあって、営巣地としては理想の場所なのですが、西の番いが居る場所は直線
的な断崖と岩礁が続く磯となっていて、営巣地としてはけして条件は良くない様です・・境界線
となっている岩の上では時折雄同士のにらみ合いが見られますが、西の雄は呆気なく東の
雄に追い払われてしまいます。やはり強い者がより良い場所を縄張りとして持てるのですね!
さて、この西のイソヒヨ夫婦ですが、落ち着き無く活発に動き回ります。海を背景にした岩にも
盛んに留まってくれるので撮影も忙しい!もっと早くこちらで撮れば良かった(汗)
地味なイソヒヨの雌は岩の色と同化して、うっかりすると見失ってしまいます。写真として纏め
るにはなかなか手強い被写体です。今回はそんな雌の姿を集めてみました。

Nikon D7000 + 500mm f/4G

D70_1154_isohiyodori_f
#1

D70_0767_isohiyodori_f
#2

D70_1097_isohiyodori_f
#3

D70_0936_isohiyodori_f
#4

D70_0922_isohiyodori_f
#5

D70_1253_isohiyodori_f
#6

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

春の岬 ①

桜の花も咲き揃い、春爛漫の良い季節を迎えましたね!
そんな春の陽気に誘われて、今年もイソヒヨドリが居る岬の磯へ撮影に行って来ました。
岬の駐車スペースに車を停め、ウグイスが盛んに囀る藪の間の小道を磯へと下りて行くと、
目の前には紺碧の海が広がっています。今年は真っ青な海を背景に撮る事が出来そうす!
早朝から雲ひとつ無い晴天ですが、空気はキリリと引き締まり、ちょっと肌寒いくらいの陽気
です。お気に入りの場所に腰を下ろして朝食を頬張っていると、突然目の前を一組のイソヒヨ
の番いが飛び去って行きました!相変らず雄が雌を追い回す構図です。岬の突端を背景に
据えた理想の位置に三脚を立ててスタンバイ。時折通りかかるハイカーの人達と言葉を交わ
しながら気長に待ちますが、イソヒヨが留まる場所は断崖の上ばかり・・もちろんこの磯には
イソヒヨ以外の野鳥達も見られます。主役の出が悪い時間は、そんな野鳥達にモデルになっ
てもらいましょう~
先ずは、春の岬に集まるイソヒヨ以外の野鳥達を集めてみました。

Nikon D7000 + 500mm f/4G

D70_0884_hakusekirei
#1 ハクセキレイ

D70_1024_kurosagi
#2 クロサギ

D70_1001_kurosagi
#3

D70_1016_kurosagi
#4

D70_0855_kochidori
#5 コチドリ

D70_0842_kochidori
#6

D70_0911_tobi
#7 トビ

| | コメント (0)

2015年3月13日 (金)

春の訪れ

あちこちから野鳥達の嬉しそうな囀りが聞こえて来る季節となりました。
毎年訪れる梅林。昨年の今頃はまだ膝辺りまで雪が残っていて、梅の花も殆どが蕾のままで
した。今年は例年通り紅梅・白梅共に見頃を向かえ、梅林は甘い花の香りで満ちています。
まだ薄暗い早朝からお目当てのトラツグミを探しますが、今年はその姿が見当たりません・・・
昨年は除雪された梅林から芽吹いた下草の中で餌探しするトラツグミの姿が見られたのです
が、今年は残雪が全く無いので、わざわざ人が多い梅林まで出て来なくても餌探しに不自由
しないのでしょうか?トラツグミ以外の野鳥達の出も芳しくない今年の梅林では、ヒヨドリとツ
グミがモデルになってくれました。

Nikon D7000 + 500mm f/4G

D70_0565_hiyodori
#1 ヒヨドリ

D70_0619_tsugumi
#2 ツグミ

D70_0646_shijyuukara
#3 シジュウカラ

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »