« コマドリの囀り | トップページ

2016年8月 4日 (木)

梢コマドリ

梅雨明け後、暑い日が続いております。
てな訳でこの猛暑から逃れる様に高いお山へ行って来ました。目的は前回に続きコマドリの
撮影です。昨年は出掛けられず、今年も微妙な状況でしたが・・幸運にも行く事が出来ました
!この梢で囀るコマドリの姿、行けば見られる(撮れる)ものでは無く、特に近年は出会える
確立が低くなって来ています・・
撮影日の早朝、深夜からシトシトと降り続いていた雨は一旦止み、コマドリの囀りも盛んに聞
こえて来ます!闇と霧に包まれていた原生林も少しずつ明るくなり始め、期待もグンと膨らみ
ます!霧も晴れ囀り声を頼りに探していると、川の対岸に立つシラビソの梢で盛んに囀る姿
を見付けました!一昨年に撮ったシラビソより少し近くの木の梢で撮影には先ず先ずの条件
です。時折霧で視界を断たれる時もコマドリは梢で囀り続けています。撮影を始めてから2時
間。やがて辺りは真っ白な霧に包まれてしまい撮影も終了。その場を後にしますがコマドリの
囀りは続いたまま、絶える事はありませんでした。
(尚、写真は全て同じ木に留まるコマドリで、撮影位置と角度を変えて撮っています)

Nikon1 V2 + 500mm f/4G

Dsc_3221_komadori
#1

Dsc_3192_komadori
#2

Dsc_3075_komadori
#3

Dsc_3212_komadori
#4

Dsc_3199_komadori
#5

|

« コマドリの囀り | トップページ

2.野鳥・夏」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コマドリの囀り | トップページ